事務所理念


-厚徳

企業を木に例えれば、企業の品性が木の根っこみたいで、もし木の根っこが腐れば、いかに木が大きくても、鬱蒼としても、この木がいつか必ず枯れることが予見できます。我々の趣旨が厚徳を根本として、品性から品質を養成し、ブランドを構築し、品性の原則を真に樹立する企業になります。

サービス業種として、我々が顧客からの信頼を受入れ、更に良心で物事をし、誠信で回報すべきです。企業として、一人一人の従業員に責任を持つことは最優先な社会責任です。まず、我々が才徳兼備の人材を採用し、次に一人一人の従業員を信頼し、彼らに自分の才能を展示し、自我価値を実現できるプラットフォームを提供することで努力します。

我々の従業員に対して、人と誠実で接し、熱意を持って物事をすることを要求しています。また、不義不処、非理不行。


-

優秀なサービス品質の源が我々の従業員達が絶えずに専門技能を向上することにあります。優秀な専門技能の源が一人一人の仕事に対する責任感、顧客に対する責任感にあり、更に彼ら自分の人生に対する責任感にあります。

企業として、我々の従業員の成長発展に適する生態環境を創造することに努力し、人材を尊重し、従業員の持続勉強を励まします。一人一人の成長が企業の真の壮大に繋がります。

 

智ー集智

葉が多くありますが、木が一つしかありません。我々がチームであり、一人一人がそれぞれの職能を持ち、自分なりに努力し、自分なりに創造しています。一人一人がカギですが、但しみんながそれぞれ繋がり、一緒に一つの事を完成するということです。我々がお互いに尊重し、調和且つ関心し、問題に遇う場合に適時にコミュニケーションをし、このようにみんなの智恵を集結することで真に顧客のシンクタンクになります。
 

捷-速やか

知的財産権代理業界では、時間が法律であり、権利であり、生命でもあります。一旦相応の時限を逃がせば、我々の顧客が獲得すべきの権利を永遠に喪失する可能があります。ですので、我々がこつこつで仕事をし、時限、効率を生命のように見なしています。我々の従業員が仕事に対して、時間厳守、速やかのことを要求しています。

我々が真に
枝繁叶茂、生き生きになることで、更に多くの人がここで足を止め、納涼し、我々に信頼を与えます。その信頼に対して、我々が顧客の権利を守り、顧客の知的財産権を守護する能力を持つことを堅信しています。